『庶民力復活!公契約法と戦略的規制改革』

デフレ経済の大きな問題点は、消費と賃金(所得)の連続的な下落です。

特に多重下請け構造が常態化した我が国経済においては、元請企業などが圧倒的に優越的な地位を利用して下請企業などへ契約料金カットを強要することによる経営合理化があり、その結果労働に対する賃金が圧迫されます。

これに対し、公契約法の創設による現場労働者の手取り増加、建築基準法における容積率の戦略的緩和といった施策により、デフレ経済の克服を目指すべきです。

詳しくは、こちらへ