『ハード・ソフトの両面から、強い東京を創る!』

国土交通副大臣の際には、凍結されていた外郭感情自動車道路の本格再着工を決断し、首都東京における交通インフラの整備を進めました。

道路、港湾や、河川・橋梁、通信インフラなど、ハード面でのインフラ整備をさらに進めていく必要があります。

ソフト面では、ヒト・モノ・カネの流れを円滑化させる制度面での取り組みが求められます。

税関手続きの簡素化、国家発展に資する戦略的なビザ発給、市場の透明化・資金運用や調達を円滑化させる金融緩和、といった取り組みをより強化していきます。

詳しくは、こちらへ