『脱原発の実現へ〜豊かな自然を活用しエネルギー革命を!』

 

脱原発のための必要条件は、新エネルギーや省エネルギー技術の劇的な向上です。

脱原発を現実にするために、島国日本の持つ自然エネルギーのポテンシャルに対し、世界に誇る技術開発力を総動員することの意味は極めて大きいと考えます。

こうしたポスト原発時代の国家モデルとなる日本発のエネルギー革命の実現を目指します。

1、脱原発社会に向けて日本のエネルギー政策の抜本的見直しを

わが国では、原子力発電がエネルギー政策の中心にあり、経済発展には欠かせないものであると考えられてきた。

その認識の背景に、油田に代表される化石燃料資源が豊かではないという大前提があったことに異論は少ないだろう。

私も、国家の経済成長や温暖化対策との兼ね合いから、日本のエネルギーミックスの議論において、原子力発電を外すことなど考えることができなかった。

しかし、2011年3月11日に私たちを襲った悲劇は、日本の原子力技術や管理方法に対する信頼を大きく揺るがした。

特に子育て世代の方達の持つ、この問題に対する意識は非常に強烈なものがあった。

当時、私自身にも中学生の息子がおり、これまでの常識に立っていては、この原発の是非を問うことの本質を捉えられないと考えた。

最も重要なことは、日本の原子力に関する技術を保持したうえで、原発を減らしていく道筋を描いていくことである。

それには省エネ技術のさらなる飛躍と、わが国の誇る豊かな自然を活用した再生可能な新エネルギーの開発が欠かせない。

省エネに関して、我々の誇る技術力は現在も世界的に見て高いレベルにあることは言うまでもない。

私が目指す新たな国家像を実現するためには、こうした省エネ技術をさらに高度なものに昇華する必要がある。

加えて、原発中心のエネルギーミックスに代替するためには、太陽熱や太陽光や水力、風力、潮力、またバイオマスや地熱などの自然エネルギーに期待される役割が極めて大きいものとなる。

これらの新エネルギーの開発を進め、利用効率をさらに高めることがもう一つの課題となる。

私は、上にあげた省エネと新エネに関わるさらなる技術向上こそ、いま特に投資を行うべき分野であると強く主張したい。

冒頭に触れたように、わが国には、化石燃料が豊富にあるわけではない。

しかし、日本国には、四季折々の豊かな自然と、和を尊重する勤勉な国民という、他に比肩する国のない貴重な宝がある。

私が訴えたいのは、こうした財産を持つ日本国は、脱原発後の新たな時代の国家像を現実にするためには、世界でも最良の条件を満たしているということである。

繰り返しになるが、脱原発のための必要条件は新エネルギーや省エネルギー技術の劇的な向上である。

その達成のためには、島国ならではの豊かな自然エネルギーのポテンシャルに対し、日本国民の誇る技術開発力を総動員することの意味は極めて大きい。

こうした戦略的な投資により、経済成長と環境保護を両立する、世界に先駆けた国家モデルを確立する。すなわち日本発のエネルギー革命の達成を強く提案する。