動物好きなやさしい少年時代

私はとにかく動物好きな子供でして、小学生の頃から家でずっと犬や小鳥を飼っていました。中でもニックと言う名のダックスフンドは、私の成長とともにいつもそばにいました。あるとき、そのニックがガンにかかってしまったのです。幼かった私のショックは大変なものでしたね。やがてガン細胞が、膀胱を圧迫するようになりました。しかしニックは、外でしかトイレをしないように躾けられていたため、夜中はずっと我慢しなければなりません。「外に出たいよ」とドアの前で必死に鳴くニックが、不憫で仕方ありませんでした。それで、あるときから僕はニックを自分の布団の隣に寝かせました。夜中に鳴き出せば、すぐに起きて外へ連れて行く。そんな日々が続きました。結局ガンには勝てずに天国に逝ってしまったわけですが、僕はニックと一日でも長く一緒にいられるなら、何でもしようと思っていました。

そういえば、やっぱり子供の頃に、道を歩いていて何度か犬や猫が箱に入れられ放置されているのに遭遇しました。僕は、その箱を放っておけなくて、近くの教会に持っていき預かってもらうように交渉したこともありましたね。

そんな原体験があってか、命の尊さについて子供の頃から考えるようになったんです。それが例え子犬であろうと、その命を粗末に扱うことは何人たりとも許されることでないとも思いました。自分の愛情を精一杯注ぐことによって相手に喜んでもらえるだけでなく、何より自分の心が温まり、自分自身が満たされるということを知りました。

小学生時代の思い出として、こんなこともありました。近所の駅で地方から出てきたらしい土木労働者の若者が道に迷っていまして、思い切って声をかけたんです。で、土木現場までずっと案内して連れて行ったことがありました。帰宅があまりに遅かったので母親に「どうしたの?」と聞かれて、「道に迷っている人がいたから、その人を案内してあげたんだよ」と言うと、母から返ってきた言葉は「知らない人について行っちゃダメよ」ではありませんでした。「あなたは、とてもいいことをしたわね」と褒めてくれたんです。例え自分が無力の子供であっても、困った人の為になれるんだと嬉しくなりました。そして大人になったら、もっともっと、世のため人の為になりたいと強く思いました。

今振り返って考えると、その時にはまだ漠然としていましたが、その後、政治家を志したひとつのきっかけとなった出来事だったような気もします。

柔道で闘争心に火がついた少年時代

私は小学校時代から体を鍛えようということで、柔道をやっていたのですが、これが試合になると勝たなければという闘争心が芽生えるタイプでした。

あるとき、アメリカ人の子どもたち20人くらいと私たち20人くらいで柔道の交流試合をすることになったんです。20人がそれぞれ組になって相手と闘うのですが、みんな気後れしてしまったのか、実は勝ったのは私ともう1人の2人しかいなかったのです。私の相手は、私より10cmほど背の高い人でしたが、運良く袈裟固めで一本取ることができて・・・。先生からも「頑張ったな」とほめていただいたことを今でも覚えていますね。勝負となるとついムキになるような、そんなタイプの子どもだったと思います。

中学に入ってからも続けていた柔道は、チームで都大会に出場するまでになりました。私は大腰が得意で、自分より大きい相手でも投げ飛ばすことがよくあったのですが、相手が自分より大きくても勝てるということが、私のなかで大きな自信につながったように思います。

クラシック音楽を愛した中高時代

中学・高校時代はクラッシック音楽にはまりました。まさにはまったという言葉が一番ふさわしいと思います。この頃は毎日のように、1日3時間以上クラッシック音楽を聴いていたのではないでしょうか。ベートーベン、モーツアルトから始まり、バッハ、シュッツ、ワーグナー、マーラー、ブルックナー・・・と次々に聴いたものです。

また、音楽は、作曲者が同じでも、指揮者、演奏者が違うだけでまた新たな魅力を感じることができるものなのだということを、多くの楽曲を聴くことで実感しました。例えば、ベートーベンの交響曲第9番でも、カラヤン、フルトヴェングラー、ワルター、トスカニーニ。こうして指揮者が変わるだけでも全く違うものになるのです。指揮者のなかではフルトヴェングラーが好きで、彼の1944年ターナバウト版、1954年レッグレズ版など、名盤と呼ばれるレコードを買い集めては聴いていました。そういう意味では本当に音楽三昧な中高時代でしたね。正直、本気で音楽評論家になろうと思ったくらい、音楽が大好きでした。

1,500人を大動員した大学時代

大学は早稲田に進学しましたのですが、サークル活動に夢中になりましたね。雄弁会に所属していましたがそれとは別に、大学3年時、人に会うことで自分を磨こうという趣旨の「人物研究会」というサークルをつくりました。当時は3年生が5~6人という小さなサークルでした。

私は何とかもっと大きなサークルにしたいと思ったのですが、ただ人数を増やせばいいというわけでもありません。結束の固い仲間を増やしたいと思いましたので頭をひねりました。そこで思いついたのが、当時の衆議院議員、中川一郎先生を招いての大演説会です。人物研究会は、”人”に直接会って勉強しようという会ですから、それまでも漫画家の楳図かずお先生にお目にかかったりしていたのですが、私はこの頃から政治が好きで、政治家の方に会いたいとずっと思っていたんですね。それで、縁あって、ボランティアでお仕事をさせてもらった中川先生をお招きすることになったのです。早稲田大学の大隈講堂に1500人もの聴衆を招いての大演説会はとても盛り上がりました。一人でも多くの学生に来てもらおうと、たくさんのビラを貼って宣伝して・・・。その効果もあって、人物研究会は一気に80人規模のサークルになりました。

人数が多くなればなったで、人心掌握するはまた至難の業ですが、私はそういったことが苦にならないというか、やはり好きだったのだと思います。こういったことも、政治を目指すきっかけの一つになっているのかもしれませんね。

松下政経塾時代

政治家を志したきっかけは何ですか?

私は幼い頃から動物が大好きで、家では犬や小鳥を飼っていたのですが、動物たちのそばに寄り添い心を込めて世話をすることで、私はいつも、一つひとつの命の重さというものを肌で感じていたように思います。

私は、政治も同じだと考えています。国民一人ひとりの方々をどれだけ大切に思い心を尽くすことができるか。私の政治の原点はまさにここにあると思います。

また、私は早稲田の学生だった頃、雄弁会に所属していましたがそれとは別に、人に会うことで自分を磨こうという趣旨の「人物研究会」というサークルをつくりました。手始めに、ボランティアの仕事をさせていただいたことで知り合った中川一郎先生を呼ぼうと企画し、大学4年の5月、大隈講堂に1500人もの学生を集めたことがあります。これをきっかけにサークルもにわかに活気づき、当初5、6人だったメンバーが一気に80名までふくれあがりました。こうした大きなイベントを成功させるためには、皆の団結力が必要です。こうした経験は私の人生において得難い貴重なものだったと改めて思いますね。

そのような子供時代、学生時代の経験もあってのことですが、私が政治家になろうと思ったのは、一度しかない人生だからこそ「生きた!」と思える人生を歩みたいと思ったからです。ただ、直接的なきっかけになったのは、やはり、松下幸之助先生との出会いにあるのではないでしょうか。

関連記事

There are no comment yet.